E検定は下表の9分野で構成されており、レベル1⇒2⇒3の順番で難易度が高い問題が出題されます。

E検定 ~電気・電子系技術検定試験~ には、以下の3試験があります。

  全分野試験:9分野すべてのレベル1~3の問題が出題されます(出題数:100問)

  基本分野試験:電子回路・デジタル・電気回路の3分野からレベル1~3の問題が出題されます(出題数:64問)

  レベル1エントリー試験:9分野すべてのレベル1の問題が出題されます(出題数:32問)

試験概要

出題レベルと出題例

知識を有するレベル(基本的用語と概念の理解):大学卒業から新入社員の方を想定しています。

出題例(レベル1)

知識を応用できるレベル(概念の応用力):業務経験が3年ぐらいの方を想定しています。

出題例(レベル2)

問題を解決できるレベル(設計能力およびトラブル発生時の現象の理解と対策):業務経験5年以上の方を想定しています。

出題例(レベル3)

出題構成

<全分野試験および基本分野試験> 出題構成は、こちら

 

<レベル1エントリー試験> 出題構成は下表のとおりです。

試験結果

<全分野試験および基本分野試験>

試験結果が学習とスキルアップにつながるよう、成績表では全受験者との総合点比較のほか、

得意分野・弱点の分析およびレベル1~3それぞれの結果を掲載します。

不得意分野をなくして、エレクトロニクス全般でバランスのとれた知識を獲得する参考と

なります。

また、企業・団体の部署などグループ単位で受験される場合は、部署間、グループ企業間の

結果比較を行うことにより、目指すべき人材像が明確になります。

 

<レベル1エントリー試験>

試験終了後すぐにスコアレポートをお渡しします。合格された方には合格証明書をお送りしています。