2018年春期「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」実施詳細


2018年5月27日(日)、電気・電子系技術者育成協議会主催による

第8回「E検定 ~電気・電子系技術検定試験~」を開催しました。

実施内容
日時:2018年5月27日(日)午前10時~午後1時
試験会場:
  東京会場 全理連ビル(渋谷区代々木)
  大阪会場 サムティフェイム新大阪(大阪市西中島)
  名古屋会場 桑山ビル(名古屋市名駅)
主催:電気・電子系技術者育成協議会
運営事務局:株式会社サートプロ
協力:株式会社日経BP/株式会社日経BPマーケティング

【検定試験内容】
 全分野試験(9分野)

  電子回路  デジタル  電気回路  電磁気  半導体
  実装  信頼性設計  計測  コンピュータ


 基本分野試験(3分野)

  電子回路  デジタル  電気回路

試験結果

■全分野試験(出題数100問)

 

 右表のように、平均点は48.8点となりました。前回が44.5点でしたので、

 4点以上回る結果となりました。

 分野別にみると、下表のように実装の正答率が高く、電気回路や半導体の正答率が低くなっています。

 前回の平均点より4点以上上回る結果となったのは、設問数が多い電子回路やデジタルの正答率が高かったことに

 起因するものと思われます。

 今回は4分野で全問正解の方がいらっしゃいました。

 今回、右表のようにエバンジェリストとして認定された方は

 全体の6.4%の方でした。

 一方で、約2割の方がシニアエキスパートとして認定され

 る結果となりました。

 

 エバンジェリストやシニアエキスパートに認定された方の

 試験結果をみてみると、レベル1の問題は8割以上正解、

 レベル2の問題では6割以上正解、レベル3の問題では4割

 以上正解されています(下表参照)。

 成績の高い方ほど、レベル1の正答率が高い傾向がありま

 した。

 レベル1の出題を攻略するには、E検定レベル1試験が最適です。

 E検定レベル1試験は、2018年9月(予定)より全国47都道府県、約110都市の試験会場で受験できるようになります。

 >> 詳しくは、こちら


■基本分野試験(出題数64問)

 

 右表のように、平均点は28.3点となりました。前回が23.4点でしたので、

 全分野試験と同様に4点以上上回る結果となりました。

 分野別にみると、右表のように電気回路、デジタル、電子回路の順で難易度

 が高かったようです。

 平均点が4点以上も上回る結果となったのは、電子回路やデジタルの正答率が

 高かったことに起因すると思われます。